シュメール

バベルの塔

オリエントと地中海世界 第一章

5.シュメール人の都市国家

村から都市へ 灌漑農業(かんがいのうぎょう)が発達したメソポタミア南部では、都市文明が栄え、その富を求めて多くの民族が流入してきました。 紀元前3,500年ころから急激に人口が増え、神殿を中心に数多く ...

© 2020 まとめない世界史